雑記

5秒で人生が変わる? やる気が出なくても5秒で行動できる方法

Pocket

 

やらなきゃいけないことがあるのにやる気がでない
いつも後回しにして後悔する
それでも結局はやらなくて落ち込んでしまう

 

というやる気に関わる悩みを解決します。

 

明日は休みだから大学の、資格の、公務員試験の勉強をしよう!と思っても、今やらなくてもいいかなと後回しにして後悔することってありますよね?

 

僕も公務員試験の勉強や筋トレをつい後回しにして後悔したことが何度もあります。

 

でも、やらなきゃいけないのはわかっててもやる気が出ないから取り組めないですよね。

 

今日は、そんなやる気に関わる悩みを5秒で解決できる方法(5秒ルール)を紹介します。

 

この記事を読めば

・どれだけ意思が弱くても新しいことを継続する方法

・やる気がでなくてもやるべきことを後回しにしない方法

が分かります。

 

とても簡単で時間もかからないので、ぜひやってみてください。

 

5秒ルール(5秒の法則)とは? メル・ロビンスさんのスピーチ(TED)

 

今回紹介する5秒ルール(5秒の法則)は アメリカのテレビ司会者 であるメル・ロビンスさんが提唱する「やる気が出なくても5秒で行動できる方法」です。

 

このルールについて、メル・ロビンスさん自身がTEDで公演しているので、興味のある方はこちらをご覧ください。

 

英語で話してますが、日本語字幕をつけれるので、英語がわからなくても大丈夫。

 

動画を見るのがめんどくさい方のためにも結論だけ言うと「何か行動しようと思ってから5秒以内に行動に移す」のが5秒ルールです。

 

とてもシンプルですが、かなり効果があります。

 

5秒ルールを提案したメル・ロビンスさんは20年以上抗うつ剤を飲んで生活していたそうです。

そのせいで、毎朝起きるのが辛かった彼女。

 

そんな中で、カウントダウンで発車するロケットをイメージして、5秒でベッド飛び出そうと思い

5

4

3

2

1

「ガバッ!!!」

っと起きてみたところ、効果が抜群だったそうです。

 

そして、この5秒ルールを本やTEDでやる気の出ない、行動できないで困っている人たちに教えてくれたんです。

 

もうこの時点で行動力半端ないですね(笑)

 

では、次になぜこの5秒ルールが効果抜群なのかを解説します。

 

5秒ルールが効果抜群な理由

 

皆さんはやらなくちゃいけない時って、こんな風になってませんか?

 

やらなくちゃいけないけど、やる気がでない....

⇒・大声を出して気合を入れる

・やる気を出すために音楽を聴いたり、動画(特に松岡修造関連が最強)を見る

・周りの人に宣言する、など

⇒やる気が出てきた!!

行動開始!!!

 

でも、このやり方の弱点は行動の前にやる気を出さないといけないこと。

 

最初は上手くいってても、だんだんと「やる気をだすための行動」をやるのがめんどくさくなってきます...

 

そうなるとやる気は出なくなり、行動できなくなります。

 

一方で、5秒ルールは「やろうと思ってから5秒以内に行動に移す」ので「やる気を出す」という段階が必要ありません。

 

そのためすぐに行動に移れるんです。

 

さらに、人間はよっぽど医師が強くない限りは「めんどくさいことをやらなくていい言い訳」を考えてしまいます。

 

そのため「やろう!」と思ってから時間がたてばたつほど、

「やっぱり今じゃなくても...」

「他にあれもやらないと...」

「めんどくさいなあ...」

などと言い訳を考えて、結局行動できなくなります。

 

一方で、「やろう!」と思ってから5秒以内だと、言い訳が思い浮かびません。

 

だから「5秒ルール」を使えば、誰でも簡単に行動できて効果抜群なんです。

 

辛い時間が一瞬だけ

 

皆さんは何かやらなきゃいけないことがある時って

「いやだな~めんどくさいな~」

と思いませんか?

 

しかもやらずに先延ばしにすると、ずっとモヤモヤして辛いですよね。

 

例えば、僕が公務員(新人)の時、こんな経験をしたことがあります。

 

9時:今日中にこの仕事片付けないと..いけないけど、やり方わからないから聞かないとなあ

でも、担当のAさん(上司)苦手なんだよなあ。後にしよ.....

10時:そろそろ聞かないとなあ...あ、でも今忙しそうだから後でいいか!

12時:さすがに取り掛からないと間に合わないしやばいな...

仕方ないから聞きに行くか!

 

12時10分:あれ?すんなり教えてくれた

なんでもっと早くに行かなかったんだ...

 

皆さんも同じような経験ありますよね?

 

僕の場合、いつまでも言い訳を考えて行動しないから、2時間も「苦手な上司に聞きに行くの辛いな」と無駄に悩んだことになります。

 

後回しにすると、嫌な気分・気持ちはずっと続くんです。

 

でも、「担当のAさん苦手だけど、とりあえず聞いてみよう!」とすぐに行動していれば、10分で解決したんです。

 

5秒ルールの一番いいところはこれと同じで嫌な時間をたった5秒にすることができるところ。

 

たった5秒くらい誰でも我慢できますよね?

 

実践した例

 

僕はこの「5秒ルール」を知ってまず最初に早起きに挑戦しました。

 

それまでは、公務員浪人していたこともあり、バイトは10時スタートなのに、朝9時過ぎに起きるだらけた生活でした。

 

このままじゃよくないと思いつつも意思が弱く、なかなか行動できませんでした。

 

そんな中この5秒ルールを知り、早起き(7時)に挑戦したんです。

 

最初は辛いと予想してましたが、アラームが鳴って5秒で布団から出て、すぐに顔を洗う習慣をつけると、辛いのは5秒だけということに気づきました。

 

「5秒の法則(5秒ルール)」を使えば、布団から出るまでの時間は5秒です。

 

この5秒が辛いのは、どうしようもありません。

 

それくらいは乗り越えましょう。

 

5秒我慢するだけで、今までの悩みや生活を解決・改善できるんです。

 

さっそくやってみよう

 

やろうと思っているけど出来ていない事ありませんか?

 

それをいつまでも先延ばしにし続けたら、どんな未来が待ってると思いますか?

 

このまま何もしなければ、当然何も変わりません。

 

でも1日たった5秒辛いのを我慢すれば、あなたの生活・人生は確実によくなります!

 

さっそく行動してみましょう!

 

最後に

 

いい感じに締めたつもりでしたが、最後に1つ補足があります。

 

5秒ルールは最初の5秒が辛いとずっと説明しましたが、実は嘘です。

 

たしかに最初は辛いですが、しばらく続けると慣れてきます。

一度慣れてしまえば辛いと感じることもなくなるんです。

 

僕の例を使うと、たしかに最初は布団から出るまでの5秒は辛かったです。

 

でも毎日続けていると、だんだんと習慣化して、何も思わずにアラームがなったら起きることができるようになります。

 

慣れるのには個人差はありますが、だいたい3~4週間(21日~28日)かかると言われています。

 

つまり、やりたくないこと、新しいことに挑戦する時に

5秒ルールを使えば「5秒×(21~28)=105~140秒

つまりは2分前後我慢すれば人生間違いなく良い方向に変わるんです

 

たった2分ならやらない理由はないですよね!

 

ぜひ5秒ルールを使って今まで悩んでいた課題に挑戦したり、新しい習慣を身に着けて、人生をいい方向に変えていきましょう!!

-雑記
-

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.