公務員試験の面接対策

公務員の志望動機は2つ必要です

Pocket

 

公務員試験の志望動機って悩みますよね?

 

こちらの記事「公務員の志望動機の作り方」で公務員試験の志望動機の作り方を解説しましたので、参考になるはずです。

 

しかし、公務員試験の志望動機は2つ用意する必要があります。

 

1つでも大変なのに、なんで2つもいるの?と思いますよね。

 

でも、ちゃんと理由があるんです。

 

この記事を読めば

・公務員試験の志望動機が2つ必要な理由

・1つではダメな理由

が分かります。

 

では、さっそく見ていきましょう!

 

公務員の志望動機は2段階

 

志望動機が2ついるといっても、意味わからないですよね。

 

そこで2つの志望動機がどんなものかをまずは紹介します。

 

1つ目の志望動機

 

1つ目の志望動機は「公務員になりたい理由」

 

「公務員になりたい理由」とは、そのままの意味で

・なぜ公務員になりたいと思うようになったのか?

⇒つまりはどんな仕事をしたいのか、仕事に対する価値観

 

ここでは、特に「なぜ民間ではなく公務員を目指すのか」をアピールします。

 

民間と公務員の違いが分かっていないといけないので、その違いをしっかり理解しておきましょう!

 

2つ目の志望動機

 

もう1つの志望動機は「志望先を選んだ理由」。

 

「志望先を選んだ理由」も文字通り

なぜその志望先(自治体や組織)を志望したのか?

⇒つまりは、自分がやりたい分野や適性、強みなど

 

ここは多くの人が思う志望動機なので、こちらの記事「公務員の志望動機の作り方」に従って作った志望動機で十分です。

 

なぜ1つではダメなのか?

 

では、なぜ志望動機が1つではダメなのかを解説します。

 

多くの志望動機は「志望先を選んだ理由」ばかりに触れているんですが

それだけでは、「別に公務員じゃなくてもいいじゃん」と思われるからです。

 

例えば、よくある志望動機を例(かなり残念な例)で解説しますが

 

私は地元で愛着のある〇〇市の発展に貢献したいです。

市役所職員になれば、〇〇市のまちづくりや市民の方が抱える悩み・課題の解決に貢献できると考えます。

それによって、〇〇市の皆さんが、ずっと住み続けたいと思えるまちづくり、さらに若者が定着しやすく、高齢者も安心して暮らせる取り組みをしたいと考えております。

 

相当、質の悪い志望動機なので、このレベルの方は↑で紹介した記事を読んで書き直してくださいね。

 

この例で、特に残念なのは

・なんかどこかで聞いたことあるような志望動機...

・公務員じゃないとダメ?(なぜ公務員を選んだの?)

という点です。

 

繰り返しになりますが、前者は↑で紹介した記事で解説してますが、あなたオリジナルのエピソードが重要。

 

そして後者についてですが、例で紹介した志望動機だと、以下のことに面接官は突っ込むんです。

 

例えば

・まちづくりは公務員じゃないとできないのか?

・民間でも高齢者が安心して暮らせる取り組みはできるよね?(NPOとか)

 

これらの質問は表現は違っても、聞きたいことは「なぜ公務員じゃないとダメなの?」です。

 

「なぜ公務員...」という質問は受験者全員に聞きますが、特に社会人には詳しく聞きます。

 

なぜ公務員?は社会人は特に聞かれます

「なぜ民間ではなく公務員を目指すのか?」 をなぜ社会人に特に強く聞くのか?

 

それは、社会人がある日突然に「〇市(県・町...)の取り組みに感銘を受けて、公務員になりたくなった!」ってなりますか?

 

面接官は「そうはならんやろ」と思います。

 

公務員を目指すようになったきっかけが絶対にあるはずです。

 

それが、受験者の「どんな仕事をしたいのか、仕事に対する価値観」を表しているので、面接官は重視します。

 

そのため2つの志望動機の1つ目である 「公務員になりたい理由」 を用意する必要があるんです。

 

これは、きっかけとなったエピソードを用意することで対応できます。

 

このエピソードは個人的なものでもかまいません。

 

むしろ個人的であるほど、人と被らずにあなたの本音が見えるのでオススメ。

 

例えば

・もともと〇〇に興味があり、大学でも〇〇に関して学んでいた。

 その知識を活かしたい(〇〇を農業・林業・法律・税金など変えることで応用が効きます)

・地元の同級生の多くは地元を離れ、町外市外県外に就職してしまった。

 ⇒地元の活性化のため、企業の誘致を進める(公務員にしかできない)

 

など、あなただけのエピソードを探しましょう!

 

特に2つ目は多くの自治体に応用可能です。

 

だって、ほぼすべての自治体が人口流出に苦しんでますもんね。

 

まとめ

 

・公務員の志望動機は2つ必要

・1つは「公務員になりたい理由」

・もう1つは「志望先を選んだ理由」

・どちらもあなただけのエピソードが重要

 

公務員の志望動機は、本やサイトの真似をする人が多く、似たものがとても多いです。

 

そんな中あなたオリジナルのエピソードで補強した志望動機を話せば高評価につながります。

 

さらに、多くの人はこの記事で紹介した2つの志望動機の片方しか書いていません。

 

書いて無くても(言わなくても)、面接官が質問しますが、最初から用意していれば答えるのは簡単です。

また、最初から書いてあれば、この受験生は分かっているな!と思って、好感度が上がります。

 

好感度が上がれば、もちろん高得点につながるので、しっかり用意しておきましょう!

 

ご覧くださりありがとうございました。

-公務員試験の面接対策
-

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.