公務員の待遇

保育士(公務員)の冬のボーナスを公開します!(2019年版)

Pocket

公務員の保育士って冬のボーナスいくらもらえるの?
冬のボーナスの支給日っていつ?
保育士のボーナスって増えてるの?減ってるの?
民間の保育士のボーナスとどっちが多いの?

ということが気になる方にオススメの記事です。

 

公務員の保育士を目指す方はもちろん、そうでない方も公務員の保育士ってどれくらいボーナスがもらえるのか気になりますよね?

 

この記事を読めば

・2019年 冬のボーナス支給日

・冬のボーナスの平均支給額と年齢別平均額

・2018年の冬のボーナスに比べてどれくらい増えるか(減るか)

・他の公務員や民間と比べて高いのか(低いのか)

が分かります。

 

記事内の数値は全て国発表の統計データをもとに計算していますが、実際の金額とは誤差が生じるかもしれませんので、ご了承ください。

 

保育士(公務員)の冬のボーナス支給日

 

保育士(公務員)の2019年冬のボーナス支給日は 12月10日(火)です。

 

国家公務員は法律で決まっているためこの日付で確定ですが、地方公務員合は自由に決められるため、自治体によって若干異なるかもしれません。

 

ただ、実際にはほとんどの自治体でこの日に支給されます。

(12月10日が祝休日の場合、直近の平日に支給)

 

保育士(公務員)の2019年冬のボーナス平均額

 

冬のボーナス平均額

 

保育士(公務員)の冬のボーナス平均額は712,557円(平均年齢 40.1歳)です。

 

参考:地方公務員の冬のボーナス 767,833円(平均年齢 42.3歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当20,120円(平均)+扶養手当0円 」× 2.275ヶ月 

 

保育士(公務員)の給料をもっと詳しく知りたい方はコチラ

⇒保育士(公務員)の給料(年収・ボーナス・退職金全て公開します)

 

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

年齢別のボーナス平均額

 

年齢別のボーナス平均額は以下の通りです。

 

20~23歳 421,667
24~27歳 469,344
28~31歳 521,512
32~35歳 594,360
36~39歳 674,883
40~43歳 757,009
44~47歳 812,064
48~51歳 856,103
52~55歳 887,755
56~59歳 913,701

 

2018年に比べた増減

 

2018年の教師(小中学校)の冬のボーナス平均額は 695,081円でした。

 

それに比べて2019年は712,557円と、約2万円増えています。

 

これは2019年8月の人事院の発表( 人事院勧告 )で、国家公務員のボーナスが4.45ヶ月分(2018年)から4.50ヶ月へと、0.05か月分増額されたためです。

 

地方公務員のボーナスは国家公務員と同程度に調整されるため、地方公務員のボーナスも同様に増額されると予想されます。

 

しかし、今年(2019年)の夏のボーナス支給日は6月28日(金)で、人事院勧告の前だったため増額分は全て冬のボーナスに反映されます

(仮に前年に比べて減額になった場合は冬のボーナスが減額です)

 

その他の公務員や民間との比較

 

・保育士(公務員)の冬のボーナス平均支給額:712,557円(平均年齢 40.1歳)

20代民間保育士の冬のボーナス平均支給額:408,200円

30代民間保育士の冬のボーナス平均支給額:431,700円

40代民間保育士の冬のボーナス平均支給額:501,100円

※民間(私立)の保育士の給料は厚労省「平成30年賃金構造基本統計調査」を元に算出。

 

・地方公務員(一般行政職)平均:767,833円 (平均年齢42.3歳)

・国家公務員(行政職)平均:848,363円(平均年齢43.5歳)
※人事院「平成30年国家公務員給与等実態調査」より推計。


・民間大手企業(東証一部、500人以上):953,905円(2018夏)、988,000円(2019夏)
※2018夏は経団連発表の賞与・一時金妥結結果より。2019夏は、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3.49%より推計。

 


・民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41.7歳)
・民間全産業計(企業規模1000人未満):310,300円(平均年齢42.9歳)

※厚労省「平成30年国家公務員給与等実態調査」より推計。

 

地方公務員の平均よりも5万円少ないですね。

 

ただ、民間(私立)保育士さんと比べると20万円以上の差がある上に、民間ではボーナスの支給は義務でないため、ボーナスがない保育士さんもいます。

 

それに比べると公務員の保育士の待遇は圧倒的にいいです。

 

今回の増税と同時に行われた保育無料化に伴って、一部の保育園で保育料が値上げされたと問題になっていましたよね?

 

子供の命を預かる保育士さんの待遇改善につながるのに、なぜ多くの方が疑問に思うのか正直理解できません。

 

より多くの方の理解を得て、今後少しずつでも民間(私立)の保育士さんの待遇が改善されたらなと個人的には思います。

 

まとめ

 

・保育士(公務員)の2019年冬のボーナス支給日:12月10日(火)

・保育士(公務員)の冬のボーナス平均額は712,557円(平均年齢40.1歳)

・2018年に比べて約2万円アップ!

 

保育士以外にも地方公務員の冬のボーナスをまとめた記事はコチラです。

⇒地方公務員の冬のボーナスを公開します!(2019年版)

 

それでは最後までご覧くださりありがとうございました。

-公務員の待遇
-,

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.