公務員の待遇

地方公務員「2019年 夏のボーナス」を公開します!

Pocket

 

こんにちは、元政令市人事のりょうたです。

 

当ブログをご覧くださりありがとうございます。

 

今回は地方公務員2019年度(令和元年度)の夏のボーナスを公開します!

 

公務員を目指す方やそうでない方も公務員ってどれくらいボーナスがもらえるのか気になると思います。

 

この記事を読めば

・2019年 夏のボーナス支給日

・夏のボーナスの平均支給額と年齢別平均額

・都道府県庁・特別区・指定都市・市・町村ごとの平均額

・夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増えるか(減るか)

・国家公務員や民間と比べて高いのか(低いのか)

が分かるようになっています。

 

あと、興味ないかもですが、僕の公務員時代のボーナスもどこかで公開するので、気になる方は探してみてくださいね。

 

これらの数値は全て統計データをもとに計算していますが、実際の金額とは誤差が生じるかもしれませんので、ご了承ください。

 

地方公務員の夏のボーナス支給日はいつ?

 

地方公務員の2019年夏のボーナス支給日は6月28日(金)の予定です。

 

例年ならは6月30日が支給日ですが、今年は日曜日なので直前の平日である6月28日になる予定です。

 

ただし、自治体によっては直近の平日である7月1日になる場合もあります。

 

支給日は各自治体が決めれるのですが、6月28日前後なのは確実です。

 

地方公務員の夏のボーナス平均額

 

 では、本題の夏のボーナスの支給額を発表します!

 

地方公務員の夏のボーナス平均額

 

 地方公務員全体の夏のボーナス平均額

 

 750,958円 (平均年齢42.3歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当18,308円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 374,327
20~23歳 436,574
24~27歳 488,881
28~31歳 548,823
32~35歳 620,119
36~39歳 704,978
40~43歳 790,649
44~47歳 851,347
48~51歳 895,133
52~55歳 929,592
56~59歳 957,418

 

区分ごとの夏のボーナス平均

都道府県庁職員 (一般行政職)の夏のボーナス

 

 都道府県庁職員の夏のボーナス平均額

 

 771,568円 (平均年齢43.1歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当17,522円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

 年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 376,877
20~23歳 440,341
24~27歳 494,680
28~31歳 558,695
32~35歳 633,413
36~39歳 719,425
40~43歳 807,955
44~47歳 860,403
48~51歳 899,886
52~55歳 932,716
56~59歳 960,902

 

特別区職員 (一般行政職)の夏のボーナス

 

 特別区職員の夏のボーナス平均額

 

 829,055円 (平均年齢 41.6歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当63,514円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

 年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 476,559
20~23歳 542,660
24~27歳 588,083
28~31歳 655,080
32~35歳 739,441
36~39歳 820,413
40~43歳 901,187
44~47歳 946,840
48~51歳 976,679
52~55歳 1,007,916
56~59歳 1,040,466

 

市役所職員 (一般行政職)の夏のボーナス

 

 市役所職員の夏のボーナス平均額

 

 680,149円 (平均年齢 41.9歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当14,221円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

 年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 366,077
20~23歳 429,194
24~27歳 480,108
28~31歳 536,381
32~35歳 603,836
36~39歳 690,064
40~43歳 776,078
44~47歳 840,901
48~51歳 887,265
52~55歳 922,260
56~59歳 949,472

 

政令指定都市職員 (一般行政職)の夏のボーナス

 

 政令指定都市職員 夏のボーナス平均額

 

 788,472円 (平均年齢 41.8歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当36,014円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

 年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 409,144
20~23歳 473,729
24~27歳 527,794
28~31歳 597,128
32~35歳 672,978
36~39歳 758,064
40~43歳 837,385
44~47歳 895,876
48~51歳 942,757
52~55歳 984,749
56~59歳 1,023,587

 

 

そういえば君は政令市にいたよね?

ボーナスどうだったの? 

 

はい!最初に公開するって言ったやつですね。

 

僕の夏のボーナス(最高額)は







約75万円でした!

 

意外にもらってる!

 

ありがたいことに結構もらってました

僕がいた自治体が、政令市の中でも平均以上の給料だったのと
一応役職についてたおかげです

  

あれ?....役職?
きみ....
何歳なの?

 

..........
では!話を戻して(笑)
最後に町村役場のボーナス公開しますね。
 
僕のボーナスや給料はまたいつか公開する記事書くかもです。
年齢もその時に公開するかもなので、お楽しみに?

 

町村役場職員 (一般行政職)の夏のボーナス

 

 町村役場職員 夏のボーナス平均額

 

 685,531円 (平均年齢 41.4歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当2,405円(平均)+扶養手当0円 」× 2.225ヶ月

※ 2019年度ボーナス支給額は4.45ヶ月分で、その半額

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

 年齢別ボーナス平均額

 

18~19歳 340,679
20~23歳 391,282
24~27歳 444,826
28~31歳 496,351
32~35歳 560,778
36~39歳 644,527
40~43歳 731,286
44~47歳 795,749
48~51歳 839,214
52~55歳 871,221
56~59歳 891,818

 

2018夏との比較

 

2018年の地方公務員のボーナスは年4.40ヶ月分でした。

 

2019年4.45ヶ月分へ、つまり年間で0.05ヶ月分上がりました

 

額で言うと約2万円増えています。

 

 

国家公務員や民間との比較

 

最後に国家公務員民間の夏のボーナスと比較してみます。

 

・地方公務員(一般行政職)平均:750,958円(平均年齢42.3歳)

・国家公務員(行政職)平均:831,175円(平均年齢43.5歳)
※人事院「平成30年国家公務員給与等実態調査」より推計。


・民間大手企業(東証一部、500人以上):953,905円(2018夏)、988,000円(2019夏)
※2018夏は経団連発表の賞与・一時金妥結結果より。2019夏は、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3.49%より推計。


・民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41.7歳)
・民間全産業計(企業規模1000人未満):310,300円(平均年齢42.9歳)

※厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より推計。

 

国家公務員や東証一部の大手企業に比べると低いですが、民間、特に中小企業に比べるとかなりいい額ですよね。

 

まとめ

 

地方公務員の2019年夏のボーナス支給日:6月28日(金)

地方公務員全体の夏のボーナス平均支給額:750,958円(平均年齢42.3歳)

都道府県庁職員の夏のボーナス平均支給額:771,568円(平均年齢43.1歳)

特別区職員の夏のボーナス平均支給額:829,055円(平均年齢 41.6歳)

市役所職員の夏のボーナス平均支給額:680,149円(平均年齢 41.9歳)

政令指定都市職員の夏のボーナス平均支給額:788,472円(平均年齢 41.8歳)

町村役場職員の夏のボーナス平均支給額:685,531円(平均年齢 41.4歳)

・2018年に比べて約2万円アップ

 

ボーナスの額は 特別区>政令市>県庁>市役所>町村役場 の順です。

 

同じ地方公務員でも特別区と町村では約15万円も違います。

 

これには地域手当(物価が高いほど増える)が影響してますが、かなりの差ですよね。

 

 

ちなみに、実際にもらえる額(手取り)は社会保険料とか引かれるから10万円くらい(人によっては10万円以上)少ないから気をつけてね

 

普段の給料からも引いてるのに

ボーナスからまで引くなんてひどすぎです...

 

それは...否定できないなぁ

でも、もらえるだけありがたいと思うしかないよ

それに公務員はかなりもらってる方だからね

 

それを言われると...反論しずらい汗

と、ともかく!

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

 

一般職以外の公務員(教師・警察・消防など)のボーナスの記事や給料の記事も今後書いてくつもりなので、楽しみにしててくださいね!※

 

※追加しました。

消防士の「2019年 夏のボーナス」を公開します!

警察官の「2019年 夏のボーナス」を公開します!

教師(小中高等学校)「2019年 夏のボーナス」を公開します!

-公務員の待遇
-,

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.