公務員の待遇

国税専門官の冬のボーナスを公開します!(2019年版)

Pocket

 

国税専門官ってボーナスいくらくらいもらえるの?
冬のボーナスの支給日っていつ?
国税専門官のボーナスって増えてるの?減ってるの?

が気になる方にオススメの記事です。

 

国税専門官を目指す方はもちろん、そうでない方も国税専門官ってどれくらいボーナスがもらえるのか気になりますよね?

特に国家公務員である国税専門官はエリートというイメージが強い方もいると思うので、どれだけもらってるんだろうと気になる方もいるかと思います。

 

この記事を読めば

・2019年 冬のボーナス支給日

・冬のボーナスの平均支給額と年齢別平均額

・2019冬のボーナスは2018冬に比べてどれくらい増えるか(減るか)

・地方公務員や民間と比べて高いのか(低いのか)

が分かります。

 

この記事での数値は全て国発表の統計データをもとに計算していますが、実際の金額とは誤差が生じるかもしれませんので、ご了承ください。

 

国税専門官の冬のボーナス支給日

 

国税専門官の2019年冬のボーナス支給日は 12月10日(火)です。

 

国家公務員は法律で決まっているためこの日付で確定しています。

(12月10日が祝休日の場合、直近の平日に支給)

 

国税専門官の2019年冬のボーナス平均額

 

国税専門官の冬のボーナス平均額は 934,058 (平均年齢43.1歳)です。

 

参考:全ての国家公務員(行政、国税、裁判所事務など)の冬のボーナス平均額は908,896円(平均年齢43.1歳)

 

計算方法:「平均給料+地域手当43,308円(平均)+扶養手当0円 」× 2.275ヶ月 

 

国税専門官の給料をもっと詳しく知りたい方はコチラ

⇒国税専門官の給料【年収・ボーナス・退職金全て公開します】

 

※扶養者がいれば、扶養手当の分だけ増額(平均2~3万円)

 

年齢別のボーナス平均額

 

年齢別のボーナス平均額は以下の通りです。

 

20~23歳 506,443
24~27歳 566,560
28~31歳 636,242
32~35歳 723,717
36~39歳 823,025
40~43歳 923,401
44~47歳 995,710
48~51歳 1,046,900
52~55歳 1,088,189
56~59歳 1,119,622

 

2018年に比べた増減

 

2018年冬の国税専門官の冬のボーナス平均額は 913,529円(平均年齢43.1歳)でした。

それに比べて今年は934,058円となり、約2万円増額しています。

 

これは2019年8月の人事院の発表( 人事院勧告 )で、国家公務員のボーナスが4.45ヶ月分(2018年)から4.50ヶ月へと、0.05か月分増額されたためです。

 

しかし、今年(2019年)の夏のボーナス支給日は6月28日(金)で、人事院勧告の前だったため増額分は全て冬のボーナスに反映されます

(仮に前年に比べて減額になった場合は冬のボーナスが減額)

 

その他の公務員や民間との比較

 

・国税専門官の冬のボーナス平均支給額:934,058円(平均年齢43.1歳)

・国家公務員(行政職)平均:887,363円(平均年齢43.5歳)

国家公務員(全職種)平均:908,896円(平均年齢43.1歳)

・地方公務員(一般行政職)平均:767,833円 (平均年齢42.3歳)
※人事院「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果」より推計。

 

国家公務員や地方公務員の冬のボーナスをもっと詳しく知りたい方はコチラ

⇒国家公務員の冬のボーナスを公開します!(2019年版)

⇒地方公務員の冬のボーナスを公開します!(2019年版)


・民間大手企業(東証一部、500人以上):953,905円(2018夏)、988,000円(2019夏)
※2018夏は経団連発表の賞与・一時金妥結結果より。2019夏は、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3.49%より推計。

 


・民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41.7歳)
・民間全産業計(企業規模1000人未満):310,300円(平均年齢42.9歳)

※厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より推計。

 

まとめ

 

・国税専門官の2019年冬のボーナス支給日:12月10日(火)

国税専門官の冬のボーナス平均支給額:934,058円(平均年齢43.1歳)

・2018年に比べて約2万円アップ!

 

国税専門官は専門知識が必要とされる職種ということもあるのか、国家公務員の平均よりもボーナスの額は高いです。

 

もちろん国税専門官を含めた国家公務員だけでなく、地方公務員ですら同世代の民間企業に比べると、ボーナスは非常に高額です。

しかし、その中でも国税専門官は企業規模1000人未満の民間企業の約3倍ものボーナスが支給されます。

 

日本人の大半は中小企業に勤めていることを考えると

さらに、小規模の民間企業ではボーナスの支給すらないところもあることも考えると、国税専門官は非常に好待遇だと言えます。

と言っても、求められる知識や能力もその分高いので国税専門官を目指すにはしっかりとした対策を練る必要があります。

 

このブログでは公務員の待遇以外にも元面接官視点の面接対策を紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

ちなみに一番オススメの面接対策がコチラ。

⇒公務員面接で高得点をとる裏技

 

それでは、最後までご覧くださりありがとうございました。

-公務員の待遇
-,

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.