公務員の待遇

国家公務員(行政職)の給料【年収・ボーナス・退職金など全て公開します】

Pocket

 

国家公務員に興味あるけど給料ってどのくらいなんだろう?
ボーナスや年収、生涯年収も知りたいな

という方にオススメです。

 

働くからにはお給料は気になるところですよね?(僕は一番気にしていました)

 

この記事を読めば、国家公務員(行政職)

・月額給料(平均額・平均年齢)

・ボーナス(平均額・平均年齢)

・平均年収(平均額・平均年齢)

・退職金

・生涯年収

が分かります。

 

 この記事内の数値は人事院の最新の統計資料平成31年国家公務員給与等実態調査の結果を参考に算出しているので、もっと詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

 

国家公務員(行政職)の給料

 

国家公務員(行政職)の月額給料の平均は329,852円(平均年齢 43.5歳)

 

月収はここに各種手当がついたものなのであまり参考にはならないですね。

 

ちなみに、地方公務員の平均給料は319,509円(平均年齢 42.3歳)です。

 

国家公務員(行政職)の給与(月収)

 

国家公務員(行政職)の月額給与の平均

 

463,722円(平均年齢43.5歳)

 

これがいわゆる月収で手取りに直結します。

(手取りはここから年金・税金などが引かれるので給与の8割ほどです)

 

先ほどの給与に各種手当(残業代、地域手当、住宅手当など)が加算されたもので、先ほどとの差額約13万円が手当に当たります。

 

国家公務員(行政職)の年齢別月額給与

 

年齢別の給与額は以下の通りです。

 

20歳未満 214,720
20~23歳 251,969
24~27歳 294,005
28~31歳 339,968
32~35歳 389,567
36~39歳 428,225
40~43歳 463,012
44~47歳 499,103
48~51歳 535,160
52~55歳 549,113
56~59歳 561,631

 

国家公務員(行政職)のボーナス

 

国家公務員(行政職)のボーナス平均額

 

1,659,436円 (平均年齢 43.5歳)

 

扶養者がいる場合は、平均で4万円ほど加算されます。

 

国家公務員(行政職)の年齢別ボーナス額

 

年齢別のボーナス額は以下の通りです。

 

20歳未満 806,552
20~23歳 939,116
24~27歳 1,055,221
28~31歳 1,195,412
32~35歳 1,343,116
36~39歳 1,517,221
40~43歳 1,701,226
44~47歳 1,835,441
48~51歳 1,928,551
52~55歳 1,999,586
56~59歳 2,065,234

 

国家公務員(行政職)の年収

 

国家公務員(行政職)の平均年収

 

7,224,100円(平均年齢 43.5歳)

 

地方公務員(行政職):6,376,820円(平均年齢 42.3歳)

 

国家公務員(行政職)の年齢別年収

 

年齢別の年収は以下の通りです。

 

20歳未満 3,383,192
20~23歳 3,962,744
24~27歳 4,583,281
28~31歳 5,275,028
32~35歳 6,017,920
36~39歳 6,655,921
40~43歳 7,257,370
44~47歳 7,824,677
48~51歳 8,350,471
52~55歳 8,588,942
56~59歳 8,804,806

※平均給与×12+ボーナス

 

公務員は基本的に年功序列なので、役職についていなくてもかなりの額に達します。

 

さらに、官僚だけの年収の平均だと40代で1000万円をこえます。

 

国家公務員(行政職)の退職金

 

21,492,000円(定年まで勤務した場合)

内閣官房:退職手当の支給状況(平成29年度)より

 

国家公務員(行政職)の生涯収入

 

生涯収入(大卒)

 

国家公務員(行政職)の生涯収入282,851,152円です。

 

ちなみに地方公務員の生涯年収は 261,247,394円 です。

 

地方公務員や民間企業と比較

 

・国家公務員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):283,318,223円

地方公務員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):261,247,394円

・特別区職員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):279,080,610円

民間企業(男性:大卒)の生涯年収(22〜59歳):288,000,000円

民間企業(女性:大卒)の生涯年収(22〜59歳):235,500,000円

 

地方公務員は、総務省発表の統計資料「 平成30年地方公務員給与実態調査結果等の概要 」資料(pdf)から算出。

民間企業は「労働政策研究・研修機構 ユースフル労働統計2017」から引用。

 

生涯年収を見ると国家公務員と地方公務員では2000万円以上の差がありますね。

 

地方公務員の中でも給料がいい特別区よりも高いので給料という点では国家公務員が圧倒的です。

(ただし、いわゆる官僚も含まれているため、官僚以外の国家公務員の給料はもう少し下がると考えられます)

 

まとめ

 

国家公務員(行政職)の月額給料  329,852円(平均年齢43.5歳)

国家公務員(行政職)の月額給与  463,722円(同上)

国家公務員(行政職)のボーナス  1,659,436円(同上)

国家公務員(行政職)の年収    7,224,100円(同上)

国家公務員(行政職)の退職金   21,492,000円(定年退職)

国家公務員(行政職)の生涯年収額 282,851,152円

 

流石は国を支える国家公務員だけある額だなと思う方もいれば、もっと高いかと思ってたと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、国家公務員は地方公務員の中でも給料がいい特別区職員以上の給料です。

 

しかも特別区職員の給料がいいのは地域手当が非常に高いため。

 

一国家公務員の行政職のうち、都内に勤務している方は3~4割程度にも関わらず、地域手当が高い特別区以上に好待遇と言えます。

(ただ繰り返しになりますが、今回のデータには官僚も含まれているため、一般の職員の給料はもう少し低いです)

 

今後、官僚やその他の国家公務員(裁判所や国税など)も順次追加予定です。

 

興味のある方はぜひご覧ください。

 

それでは、ご覧くださりありがとうございました。

-公務員の待遇

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.