雑記

人間関係の悩みは2:6:2の法則で乗り切ろう

Pocket

この時期、特に人間関係が上手くいかないなという悩み相談を受けます。

 

その中で多いのは苦手な人と席が近くなった、一緒に仕事をすることになった。というものです。

  

そこで、今日は知っていれば人間関係に悩まなくなる「2:6:2の法則」を紹介したいと思います。

                   

2:6:2の法則とは

 

2:6:2の法則とは

 

「何があってもあなたの味方」は2割

「何があってもあなたの敵」も2割

「あなたの行動次第で敵にも味方にもなる人」が6割

ずついるという法則です。

 

敵はもっと多い?

 

2割なんて、おかしい。自分の周りは自分のことを嫌いな人ばかりだ!と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、少し考えてみて下さい。

 

あなたがあなたのことを嫌ってると思ってる人は具体的にはどんな態度や行動を取ってますか?

 

その態度、行動は本当にあなたのことが嫌いなことが原因ですか?

 

実はそうとは言い切れない場合もあるのではないかと思います。

 

運が悪い

 

それでも、その人達が明らかにあなたのことを嫌ってたとしましょう。

 

僕も退職した際の部署ではそう思っていました。

 

何も悪いことしてないのに、敵しかいないじゃんって…

 

敵は2割どころじゃないと思うかもしれません。

 

ただし、その場合はあなたは運が悪かったということです。

 

運が悪いと言っても、 2割しかいないはずの敵が あなたにだけ5割、6割いるというわけではありません。

 

あなたの人生で出会う「何があってもあなたの敵」である人たちがまとめてそこにいるのです。

 

この法則の残念なところは、常にどこにでも2:6:2でいるわけではないところです。

 

環境によって偏りは生まれます。

  

たとえそうだとしても、敵ばかりで辛くても頑張ろうとする人が多いように思います。

 

その原因は日本では皆と仲良くしないといけないという考えを教え込まれるからじゃないかなと僕は思います。

 

でも、どんなに頑張っても、2割の人はあなたのことが嫌いな、あなたの敵なのです。

 

だから無理に誰とでも仲良くなる必要はないのです。

 

「あの人たちが自分のことを嫌いなのは自分のせいじゃない」

「あの人たちは2割の人間の集まりなんだ」

「どうがんばっても分かりあうことはできないから仕方がない」

 

そう思うと少しは気持ちが楽になりませんか?

 

できること

 

少し気持ちが楽になっても、あなたのことを嫌いな人が目の前から消えることはありません。

 

そこで、あなたにできることがあります。

耐え忍ぶ

 

1つは、おすすめしませんが、ただ耐え忍ぶことです。

 

これをやるとストレスがたまり、体調を崩したり、僕みたいにメンタルをやられるかもしれないので、オススメできません。

 

味方を増やす

 

2つ目は、6割の敵味方が変わる人を味方にするために、親切にしてあげることです。

 

このやり方の問題は相手があなたの敵である2割の人なのか、6割の敵にも味方にもなる人なのか分からないところです。

 

そのため、何をしてもあなたのことを嫌いな、あなたの敵に親切にし続ける、という無駄で疲れることをしかねません。

 

逃げる

 

3つ目、これが1番簡単でオススメですが、逃げることです。

 

逃げるには2つのやり方があります。

 

 

 

1つ目の逃げる極力関わらないようにすることです。

 

仕事などで最低限関わることはあるかもしれませんが、そこは仕事だと割り切ります。

 

そして、可能な限り距離を取るのです。

 

2人きりに、もしくは敵たちと一緒にいる機会を極力減らします。

 

一緒のシフトなら体調でも冠婚葬祭でもなんでもいいので予定があることをアピールして回避します。

 

とにかく、距離を取るんです!

 

この逃げるは耐えるに近いので、正確に言えば「耐えつつ逃げる」と言えるかもしれませんね。  

 

 

 

そして、もう1つの逃げるは、その場から逃げることです。

 

会社を辞める、学校を変える、学部を変えるなどいろいろあります。

 

ただ、社会人なら簡単に仕事を辞めるわけには…と思うかもしれません。

 

でも、手遅れになってからだと遅いです。

 

自分も今は働けるようになりましたが、追い詰められて仕事を休んだ当時は本当にキツく、何も手につかない日々が続きました。

 

そうなる前に、逃げることも手段だということは覚えていて欲しいです。

 

たとえ、仕事を辞めたとしても、今の時代転職先はたくさんあります。

 

さらに、従来の企業に依存しない働き方も増えており、フリーランスでも月数十万円稼ぐ人だってたくさんいます。

 

せっかくの人生です。

 

無理して、辛い思いをして、あなたのことが嫌いな2割の人と一緒にいるよりも

 

あなたのことを好きな、あなたの味方の2割の人と一緒にいることができる方法を探しましょう!

 

僕は今は高校時代の友人と仕事をしていますが、前職の公務員時代に仲が良かった同期、先輩そして上司ともつながりは残っています。

 

「何があっても味方」の2割の人たちは、退職しても、離れても味方でいてくれるんだな~と感じました。

 

だって「何があっても」味方なので

 

あなたの敵や敵にも味方にもなる相手に時間を使うよりも何があっても味方な人達と一緒の時間を過ごした方が絶対に幸せになれます。

 

まとめ

 

今日は人間関係に悩まなくなる2:6:2の法則を紹介しました。

 

・「2:6:2」の法則とは

「何があってもあなたの味方」は2割

「何があってもあなたの敵」も2割

「あなたの行動次第で敵にも味方にもなる人」が6割

・「2割の敵」には何をしても無駄なので距離を取る

 

何かが劇的に変わることはありませんが、「仲良くできない人とはどうやっても合わない」と分かれば、楽になるのではないかと思います。

 

大切なのは2割の敵とは理解できないと、割り切ることす。

 

今日は読んでくださりありがとうございました!

 

たまにはこんな感じの記事も書こうかなと思います

-雑記

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.