公務員の待遇

警察官の給料【年収・ボーナス・退職金全て公開します】

Pocket

 

こんにちは、元市役所人事のりょうたです。

 

当ブログをご覧くださりありがとうございます。

 

今回のテーマは警察官の給料です。

 

警察官を目指してる方や警察官に興味がある方は気になることですよね?

 

この記事では総務省発表の統計資料「 平成30年地方公務員給与実態調査結果等の概要 」資料(pdf)をもとに

・月額給料(平均額・平均年齢)

・ボーナス(平均額・平均年齢)

・平均年収(平均額・平均年齢)

・退職金

をまとめています

 

この記事を読めば警察官の給料が詳しく分かるようになっています。

 

警察官の給料

 

警察官の月額給料の平均

 

 320,850円(平均年齢38.5歳)

 

(総務省:平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果より。高卒・短大卒・大卒の平均の数字。以下年齢別も同様)

 

ここに各種手当がつくのであまり参考にはならないですね。

 

警察官の年齢別月額給料

 

年齢別の給料は以下の通りです。

 

18~19歳 178,882
20~23歳 210,259
24~27歳 239,655
28~31歳 265,003
32~35歳 305,988
36~39歳 332,014
40~43歳 370,552
44~47歳 396,322
48~51歳 410,995
52~55歳 424,102
56~59歳 429,006

 

警察官も含め公務員は基本60歳が定年ですが、職種によっては再雇用している場合もありますが、今回は59歳までのデータのみ載せます。

 

60歳以降の給料が気になる方は総務省:平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果をご覧ください。

 

警察官の給与(=月収)

 

 

警察官の月額給与の平均

 

459,816円(平均年齢38.5歳)

 

手取りに直結するのはこちらです。

 

(手取りはここから年金・税金などが引かれるので給与の8割ほどです)

 

先ほどとの差額約14万円が手当に当たります。

 

警察官は事務職の公務員と違って宿日直手当時間外勤務手当が多めなため、給料は約万円高い傾向があります。

 

給料が高い分、仕事はハードですが

 

警察官の年齢別月額給与

 

18~19歳 222,412円(手当43,530円)
20~23歳 284,627円(手当74,368円)
24~27歳 341,255円(手当101,600円)
28~31歳 385,497円(手当120,494円)
32~35歳 440,122円(手当134,134円)
36~39歳 473,658円(手当141,644円)
40~43歳 518,201円(手当147,649円)
44~47歳 549,622円(手当153,300円)
48~51歳 565,098円(手当154,103円)
52~55歳 580,119円(手当156,017円)
56~59歳 584,513円(手当155,507円)

 

警察官のボーナス

 

警察官のボーナス平均額

 

1,576,116円(平均年齢38.5歳)

 

※(給料+各種手当)の4.45ヶ月分

 

警察官の年齢別ボーナス額

 

18~19歳 885,126
20~23歳 1,015,854
24~27歳 1,140,210
28~31歳 1,250,998
32~35歳 1,429,875
36~39歳 1,541,226
40~43歳 1,705,249
44~47歳 1,810,224
48~51歳 1,887,002
52~55歳 1,934,126
56~59歳 1,958,217

 

扶養手当を貰っている職員の場合、平均で4万円程度加算されます。

 

警察官の年収

 

 

警察官の平均年収

 

7,083,461円(平均年齢38.5歳)

 

※平均給与×12+ボーナス額。以下の年齢別も同様の計算。

 

地方公務員の行政職の年収が約640万円なので、それより60万ほど高いです。

 

地方公務員の給料【年収・ボーナス・退職金全て教えます】

 

しかも一般行政職の場合、平均年齢が42.3歳です。

 

公務員は年功序列なのに、警察官は4歳近く若くて年収が60万高いというのはかなりの差ですよね。

 

警察官の年齢別年収

 

18~19歳 3,541,087
20~23歳 4,402,156
24~27歳 5,248,103
28~31歳 5,865,144
32~35歳 6,700,115
36~39歳 7,209,148
40~43歳 7,894,216
44~47歳 8,389,245
48~51歳 8,730,164
52~55歳 8,891,223
56~59歳 8,986,395

 

階級別 警察官の給料

 

警察官の階級

 

警察官の階級は以下の通りです。

 

巡査→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正→警視監→警視総監

 

基本年功序列なので、巡査部長や警部補までは特に問題を起こさずに勤務していればなることができます。

 

階級別の給料

 

主な階級の給料を以下にまとめました。

 

巡査 約320~820万円
巡査部長 約450~900万円
警部 約580~940万円
警視 約600~960万円
警視総監 約1250万円

 

警察官の退職金(定年退職)

 

警察官の退職金

 

23,350,000円

 

公務員は“”今のところ”60歳が定年なので、上記の額は60歳で定年退職した際の金額です。

 

定年よりも早く退職すると額は大きく落ちます

 

警察官の生涯収入

 

警察官(大卒)の生涯年収額

 

303,809,324円 (大卒で定年まで働いた場合)

 

給与収入+退職金で算出。年齢別の推計平均年収の合計(22〜59歳)

 

公務員(一般事務)や民間企業と比較

 

警察官の生涯年収(22〜59歳)303,809,324円


地方公務員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):261,247,394円

国家公務員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):283,318,223円

民間企業(大卒:男性)の生涯年収(22〜59歳):288,000,000円
民間企業(男性:高卒)の生涯年収(18〜59歳):222,500,000円

国家公務員は 「人事院 H29国家公務員給与等実態調査」から推計。 
民間企業は「労働政策研究・研修機構 ユースフル労働統計2017」から引用。

 

 

まとめ

 

今回は警察官の給料についてまとめました。

 

もちろん、地域差がありますが、 警察官は公務員の中でも給料の高い職の1つです。

 

その分危険と隣り合わせで負担も大きいですが、 公務員で安定した職業であり、地域の安全と命を守るやりがいのある仕事だと思います。

 

最後までご覧くださりありがとうございました!

 

他の地方公務員の給料もまとめてあるので気になる方はこちらもご覧ください。

 

消防士の給料【年収・ボーナス・退職金全て公開します】

 

地方公務員の給料【年収・ボーナス・退職金全て公開します】

-公務員の待遇
-

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.