公務員試験の面接対策

面接で落とされる短所を紹介します

Pocket

公務員だけではないですが、面接でよく「あなたの短所はなんですか?」という質問をします。

 

なんで長所でなく短所を聞くのか分かりますか?

 

当然ですがちゃんと理由があって聞くんです。

 

また、「その短所じゃダメでしょ...」と面接官が思う短所も存在します。

 

この記事では

・長所でなく短所を聞く理由

・お勧めできない短所

・短所で減点されるのを防ぐ方法

を解説します。

 

なぜ短所を聞くの?

 

まずはなんで長所だけでなく、短所を聞くのか解説しますね。

 

短所から見えてくるものがある

 

次にあげるものが短所を聞くことで見えてくるものです。

 

何が苦手なのか

仕事に悪影響が出そうか

一緒に働けそうか

そもそも公務員に向いているのか

 

どうですか?短所を聞くだけでこんなに相手のことが分かります。

 

特に仕事への(悪)影響や公務員への適性を見れるので、長所よりも短所の方が重要といっても過言じゃないです。

 

自分を冷静に見ることができるか

 

人はどうしても自分の悪い所から目をそらしがち

 

だからこそ、自分の短所を冷静に捉えて、対処しようとする人は

「仕事で何か問題が起きても冷静に対応できるかも」と評価できるんです。

 

それだけでなく、自分を冷静に見れる人は「自分がどういう人間かよく理解できる能力」があり

その分、他人を理解することもできるし、将来成長できると判断します。

 

以上のこと全てを確認できる質問が、「あなたの短所は何ですか?」なんです。

 

よくある短所の例

 

ではよくある(オススメできない)短所の例を紹介します。

 

もし使うつもりなら、やめた方がいいですよ。

 

一つのことに集中しすぎて…

 

短所で検索してよく出てくるものに「1つのことに集中しすぎて他のことが疎かになる」という短所があります。

 

これは「一見短所に聞こえますが、実は集中力をアピールできるオススメの短所です♪」

面接官の経験のない方の書いた本やサイトに載ってるんですよね。

 

断言します!「面接官の経験がない」と...

 

オススメできない理由

 

なぜ、「面接官の経験がない」と断言できるか

そして、「なぜオススメできない短所なのか」

理由はとてもシンプルです。

 

上記のように「短所だけど、アピールできる」という点は否定しません。

 

しかも「優先順位をつけて対処している」って短所を補うアピールも簡単!

 

そして、誰でも似たような経験があるはずなので、具体例も用意しやすいです。

 

これだけ聞いたら「何がダメなの?」と思うかもですが

 

使い勝手が良すぎて、皆この短所を使うので被りまくりです!

 

僕の経験では1日20人弱面接した中で、6人がこの短所を言いました。

 

辛いですよ...3人連続で短所が(しかも改善する方法も)同じだった時は...

 

「またか...」と思って、それだけで印象が悪くなります。

 

あきらかな減点はしませんが、印象が悪くなったことが他の質問に何の影響も出ないとは言い切れません。

 

だって面接官も人間なので。

 

しかも公務員試験の面接官は素人?元公務員人事が教えますでも解説してますが、公務員試験の面接官には素人がいるので印象の影響は大きいです。

 

それはダメでしょ!と思う短所

 

短所の中には被ってなくても「それはダメでしょ!」と思う短所がいくつかあります。

 

紹介しますね。

 

コミュニケーションが苦手

 

たまにいるんですが、申し訳なくなります。

コミュニケーション苦手な人には面接って本当に苦痛です。

 

僕も苦手な方だったので、面接嫌いでした。

なのに面接官になるなんて不思議ですね(笑)

 

コミュ力なくても面接では高得点とれましたが

それは面接で高得点をとる裏技 【元政令市人事が教える公務員試験の面接対策】の記事で紹介した裏技のおかげです。

 

すみません、本題に戻ります。

 

たとえコミュニケーション取るのが苦手でも言ったらだめです。

 

だって仕事は一人でやるものではないですよね?

 

それに志望先にもよりますが、公務員は住民対応をする場合もあります。

 

だから、コミュニケーションに問題がある可能性のある人は雇いたくないんです。

 

求める人物像に合わない

 

面接は受験者がその自治体・機関が欲しい人材か確認する場所です。

(同時に受ける側もこの人たちと働けるか、働きたいか確認する場でもあります

 

なので、

欲しい人材にあてはまらない または

仕事に悪影響が出そうな短所は絶対に言ってはダメです!

 

例えばですが

行政職で住民対応があるのに「人づきあいが苦手」、「人前で緊張する」とか

水道局や保健所などで、衛生管理に関わるのに「細かいミスが多い」などは論外ですよね

 

まとめ

 

・短所を聞くのは「仕事への(悪)影響や公務員への適性」「仕事で何か問題が起きても冷静に対応できるか」が分かるから

「1つのことに集中しすぎて他のことが疎かになる」は言う人が多すぎて被る可能性大

「欲しい人材にあてはまらない」と思われたり「仕事に悪影響が出そうな」短所は絶対に言ってはダメ

 

どうでしょうか?

 

これを読んでくださった方の中にも「1つのことに集中しすぎて他のことが疎かになる」

を短所で言ったことがあったり、言うつもりだった人がいたかもしれません。

 

面接官視点で言うと本当にオススメできないので、ぜひ変えましょう!

 

明らかに「欲しい人材にあてはまらない」とか「仕事に悪影響が出そうな」短所でなければ大丈夫なので

自治体を最低限リサーチした上で、短所を決めることをオススメします。

 

最低限のリサーチの仕方はこの記事の中で紹介してます。

「自己PRは1つじゃダメ?自治体に合った自己PRを作ろう」

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

-公務員試験の面接対策
-

Copyright© 政令市人事の教える公務員試験攻略法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.